【ビデオ】ラリーで2度も競技車両が観客に突っ込み、3人死亡、6人負傷

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月4日 14時0分

【ビデオ】ラリーで2度も競技車両が観客に突っ込み、3人死亡、6人負傷


先週土曜日に英スコットランドで行われた「ジム・クラーク・ラリー」で、2度もレース中のマシンがコースを外れて観客に突っ込み、計3人が死亡、6人が重傷を負うという痛ましい事故が起きた。
ジム・クラーク・ラリーは、スコットランドのスコティッシュ・ボーダーズという地方で毎年3日間にわたり開催されている、公道を閉鎖して行うラリー競技。その名前はもちろん、1968年に独ホッケンハイムのレースでクラッシュを起こし、命を落としたスコットランド出身の伝説的F1ドライバー、ジム・クラークに由来する。

最初の事故はエクルズという区間で発生した。1台のマシンがコースを外れて観客に突っ込み、女性1人と男性4人が地元の病院に搬送された。うち1人は、集中治療を受けるためにエディンバラの病院に移されている。

その後、エクルズの区間は走行中止となったが、ラリー自体は続行された。そして、最初の事故から2時間後に再び悲劇が起こる。別のマシンがリトル・スウィントンでコースを外れ、4人の観客のもとに突っ込んだのだ。3人は現場で死亡が確認され、1人は重体でエディンバラの病院へ搬送された。ちなみに、事故を起こしたドライバーたちにケガはないという。

今回の事故に巻き込まれて亡くなった方々のご冥福を祈ると共に、ケガをされた方々の1日も早い回復を願ってやまない。事故現場の様子やスコットランド警察の発表は、英『The Telegraph』紙によるニュース映像で確認してほしい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング