フェラーリに乗ってギネスの「目隠し運転の世界最速記録」に挑戦する人、募集中!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月10日 10時30分

フェラーリに乗ってギネスの「目隠し運転の世界最速記録」に挑戦する人、募集中!


ギネス世界記録には様々な記録が登録されているが、"目隠しをしたままクルマを運転したときの世界最高速"という記録があるのをご存じだろうか。今回は、この世界記録に挑戦しようとしているイギリスのとある会社についてご紹介しよう。
現在の世界記録保持者は昨年、英ブランティングソープ性能試験場でポルシェ「GT2」に乗り、186.12mph (299.53km/h)を達成したマイク・ニューマン氏。彼は今年初めには早くも次の目標として200mph(約321km/h)の達成を掲げている。そんなニューマン氏に対抗しようというのが、クルマとバイクによる目隠し運転の最速記録を達成するためだけに設立されたような英の会社、Extreme Motorsportだ。英ヨークシャーのエルビントン飛行場の長い滑走路にフェラーリ「458 チャレンジ」を用意するなど、世界記録奪取に向けて意気込んでいる。

ところで、視覚障害者が運転するということと、単に目隠しをして運転するということは同じであるとみなされるらしい。実は、現記録保持者のニューマン氏と元の記録保持者のトルコ人歌手メティン・シェンテュルク氏は共に、法的に認められた視覚障害者で、記録挑戦の際にアイマスクは着けていなかった。ただし、ギネス世界記録とExtreme Motorsportの両公式サイトでは、あくまで"目隠し運転"としている。

それはさておき、本題はExtreme Motorsportがこの記録に挑戦するドライバーを募っていることだ。気になるのは、同社がどのように関わってくるのかがはっきりしないこと。もしもあなたがドライバーに志願した場合、クルマやバイクは同社が提供してくれるが、「(志願者は)あくまでも慈善活動としての参加であり、ギネス世界記録申請料とその他の個人的にかかる費用を全て同社に支払う」と約束しなければならないという。

同社のサイトによれば、志願資格は21歳以上で、身長約2m1cm以下、体重117kg以下とのこと。情報をチェックするだけならタダなので、ご覧になってみてはいかがだろうか。もちろんその気がなくても、ニューマン氏が世界新記録を打ち立てた瞬間はぜひビデオでご覧いただきたい。ちなみに、もし本気で同氏に勝ちたいなら、水上でのボート勝負にも挑まなくてはならない。そう、ニューマン氏は陸上でのクルマ走行の記録だけでなく、水上でのボート最速記録も昨年樹立しているのだ。


<関連動画はこちら>

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング