自分が描いた絵がボンネットの模様になる!! 画期的なカマッテ出展!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月16日 12時0分

自分が描いた絵がボンネットの模様になる!! 画期的なカマッテ出展!!


トヨタは、昨年に引き続き"東京おもちゃショー2014"に"カマッテ・ラボ"を出展し、自分が描いた絵がボンネットフードに映し出される「Camatte57sスポーツ」などを展示した。


クルマのカスタマイズを身近に感じることができるデザイン・ラボのコーナーでは、Camatte57sスポーツのフード表面にLEDを付けて画像を表示するような展示を行っていた。

画像のように、子供が好きな絵を描いて、それをそのままボンネットフード表面に映し出すことにより、クルマを簡単にカスタマイズすることが可能だ。


仕組みは、画像のような機器を使用し上からスキャンして、そのデータをボンネットのLEDで表現するというシンプルな方法だ。

現実的には、道路交通法面で公道の走行は厳しいだろうが、毎日色々な柄やカラーを楽しめる車は、痛車オーナーならずとも魅力的だろう。


カマッテ・ラボ内のもう1つの展示コーナーが、クルマの動く仕組みを楽しく学ぶことができるテック・ラボだ。

このコーナーでは、Camatte57sのボディ外板を取り去り、ステアリングギアやディファレンシャルギアのケースを透明化して展示していた。

子供たちに、ハンドルやアクセルを操作した時の構成部品の動きが見え、クルマの仕組みを容易に理解することを可能にしているとのことだ。


操舵系や、駆動系などは単体で展示され、実際に動かして、クルマがどのように作動するかを実体験できるようになっている。

トヨタは、カマッテ・ラボを通じて、クルマが持つ"夢・楽しさ"を親子が一緒に体験することができる場を提供している。

最近の若者のクルマ離れは、子供時代のクルマへの憧れがなかったことが原因とも言われている。このような取り組みを強化することで、大人になった時のクルマ好きを増やしたいというトヨタの願いなのだろう。


<関連動画はこちら>

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング