【ビデオ】子ネコを救出するために愛車のボディパネルを切断!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月17日 8時30分

【ビデオ】子ネコを救出するために愛車のボディパネルを切断!


今回はネコとクルマのちょっとイイ話をご紹介しよう。
米フロリダ州に住むエラン・フレージャー氏はある日、愛車のシボレーのピックアップトラックから動物の鳴き声がすることに気付く。クルマの中や外を見渡したが、どこにも動物の姿は見当たらない。しかし、後日、クルマを走らせるとやはり鳴き声が聞こえくるので、フレージャー氏はその正体をつきとめようと愛車のボディパネルをシートメタルカッターで2ヶ所も切断することに。すると荷台の下から現れたのはなんと子ネコだった。

フレージャー氏はすぐさま助け出そうとしたが、子ネコはフレームにつかえていて自力では動けず、彼の手も届かない。どうしたものかと迷った結果、フレージャー氏はそのままの状態でゆっくりとクルマを動物愛護団体のもとまで走らせ、そこのスタッフと協力して、ようやく子ネコの救出に成功したそうだ。

この出来事を報道した『CNN』によると、フレージャー氏とその妻シンディーさんは動物が大好きだったというから、今回の件は、彼にとって当然の行動だったのだろう。そんな彼の愛車の修理代を援助しようと、資金調達サイト「Crowdtilt」では早速、寄付金集めが開始されたようだ。それでは、子ネコを救出したフレージャー氏のインタビュー映像を見てみよう。



By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング