【レポート】タイヤは不要になる!? トヨタが路面から浮いて移動する"ホバーカー"を研究中

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月16日 14時0分

【レポート】タイヤは不要になる!? トヨタが路面から浮いて移動する"ホバーカー"を研究中


トヨタは、米金融情報サービス『ブルームバーグ』が6月9~10日に米サンフランシスコ近郊で開催した「Bloomberg Next Big Thing Summit」で、ホバーカーの研究・開発を進めていることを明らかにした。
世界最大級の自動車メーカーとして、革新的な技術の開発に取り組んできたトヨタ。ハイブリッド車や燃料電池車の開発だけでなく、アウディやGoogleと並んで、自立走行車の走行実験も積極的に行っている。だが、まだそれだけでもない。どうやら路面を"走る"代わりに"浮いて"移動する乗り物まで開発しているというのだ。

米テクノロジー情報メディア『The Verge』によると、今回のサミットにスピーカーとして登場したトヨタの吉貴寛良技術管理本部長は、「開発中のホバーカーは路面から少し浮いた状態で移動するものになるが、三次元的に移動するわけではなく、自由自在に空中を飛べるというものではない」と述べたそうだ。吉貴氏は、プロジェクトの進捗状況や市場投入の可能性などといった詳細についての言及は避けたという。

吉貴氏と一緒に登壇した米運輸省道路交通安全局(NHTSA)のデビッド・フリードマン局長は、こうした新技術について"将来有望な革新的技術"と賞賛しながらも、こんにちの産業界に意義があるものとしては、高速道路での車両同士の衝突を防ぐといったクルマの安全性をより高める技術の重要性を強調したようだ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング