「日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」フルサイズモデル公開!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月29日 17時0分

「日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」フルサイズモデル公開!!


日産は、6月26日に英国のモータースポーツイベント"グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014"にて、先日発表したバーチャルスポーツカー「日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」のフルサイズモデルを初公開した。


日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモは、プレイステーション専用ソフトウェア『グランツーリスモ』シリーズを開発したソフトウェア会社ポリフォニー・デジタルと共同で最新作『グランツーリスモ6』の「ビジョン グランツーリスモ」プロジェクトにおいて制作されたコンセプトカーだ。

そして同車は、『グランツーリスモ』誕生15周年を記念した「ビジョン グランツーリスモ」プロジェクトの中に登場する予定だ。


同車は、英国ロンドンの日産デザインヨーロッパ社の若手デザイナー達が自由に夢のスポーツカーをデザインするというスタディの一環からスタートした。

そして、ラフスケッチから完成まですべての工程に最新のデジタルデザインツールを駆使し、本格的なコンセプトカーとして開発がすすめられたとのことだ。

更に、厚木の日産テクニカルセンターの空気力学の技術チームが密に協力した結果、空力性能に裏打ちされたエモーショナルなボディラインを実現している。

また、2+2列シートのスポーツカーとして特別な空力調整が可能なレース技術を採用し、バーチャルカーのパフォーマンスを可能な限り現実に近づけているという。

つまり、単にゲームのための仮想モデルというだけではなく、実車としても通用する空力デザインというわけだ。

キレの良い滑らかなスタイリングタッチは日産の歴代パフォーマンスモデルの資産を彷彿とさせつつ、同時に未来的要素を持ち合わせている。特にサイドウインドウ付近は「GT-R」のイメージが踏襲されているようだ。

今回のモデルについて、日産デザインヨーロッパ社のバイスプレジデントの長野氏は、「現実世界では、日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモのようなスポーツカーを所有することはできないかもしれませんが、このモデルが『グランツーリスモ』に収録されることで、誰でもこのクルマを運転することが可能となり、そして、日産ブランドがお約束するわくわくするイノベーションをご体験いただけます」と語っている。

一足早く2020年の日産のスポーツカーを体験したい読者は7月にダウンロード開始の『グランツーリスモ6』で体感してはどうだろうか。

メイキング動画はこちら。
<関連動画はこちら>

実車の発表会の様子はこちら。
<関連動画はこちら>

予告編はこちら。
<関連動画はこちら>

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング