メルセデス・ベンツ、フルモデルチェンジした新型「Cクラス」を日本でも発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月11日 20時0分

メルセデス・ベンツ、フルモデルチェンジした新型「Cクラス」を日本でも発売!


メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型「Cクラス」を日本市場に導入し、7月11日より発売した。そのコンセプトは、車体軽量化と先端技術の採用による「アジリティ&インテリジェンス」であるという。

1980年代から90年代初頭に日本でも大ヒットした"コンパクト・メルセデス"「190」を先祖とする「Cクラス」は、メルセデス・ベンツのラインアップの中で、後輪駆動の4ドア・セダンとしては最小サイズのモデル。4代目となる新型はすでにお伝えした通り2013年12月に発表され、今年1月にデトロイト・オートショーで公開された。



今回のモデルチェンジにおける最大の特徴は、ボディシェルに使用されているアルミニウムの比率がこれまでの10%程度から約50%へ大幅に高められ、高張力鋼板などを適材適所に組み合わせた軽量高剛性アルミニウムハイブリッドボディが採用されたこと。先代とホワイトボディ同士で比較すると、約70kgも軽量化されているという。メルセデスによれば、これによって「重心の低下によりスポーティかつ俊敏なハンドリング」「NVH(騒音・振動・ハーシュネス)特性の最適化」「動力性能をまったく犠牲にすることなく燃費を最大30%以上向上」など数多くのメリットがもたらされたそうだ。

軽量化のためボディにアルミニウムを採用することは、最近では多くのメーカーが取り組んでいるが、新型Cクラスの製造工程では自動車メーカーとして初めて、アルミニウムとスチールのコンポーネントを重ね合わせ、そこに高速でリベットを貫通させることで接合するという「ImpAcT(インパクト):Impulse Accelerated Tacking」接合方式を量産車に採用したという。

ドア、ボンネット、ルーフなど外板パネルの大半もアルミニウム製となっており、本国ドイツのメルセデス・ベンツが「センシュアル(官能的・肉感的)」という言葉で表現するエクステリア・デザインは、Cd値0.24というセグメント最高水準の空力特性を実現。空力の最適化は細部まで徹底的に追求され、空気抵抗を抑えて燃費効率を高めただけでなく、風切り音も減少したそうだ。全長4,690mm × 全幅1,810mm × 全高1,430〜1445mm(サスペンションなどによって異なる)というサイズは、先代よりも95mm長く、40mm幅広い。さらに装備などの重量が増しているにも拘わらず、日本仕様の「C180 アバンギャルド」(下の画像)同士で比較すると、新型の方が30kgほど軽くなっている(1,510kg)。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング