【ビデオ】新型フォード「マスタング」の高性能モデルを、ニュルブルクリンクでキャッチ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月18日 8時30分

【ビデオ】新型フォード「マスタング」の高性能モデルを、ニュルブルクリンクでキャッチ!



フォードの新型「マスタング」をベースとする高性能バージョン「マスタング SVT(正式名称は不明)」は、いま最も期待されているパフォーマンスカーの1つだ。これまでテスト走行中の姿を何度か目にしてきたが、ボディは常にしっかりとカバーで隠されていた。だが今回は、カモフラージュ・シートのみという状態を撮影することに成功した同車のスパイショットをご紹介しよう。
撮影者によると、同車はニュルブルクリンクで高速走行テストを行っていたとのこと。そのため、以前のような"厚着"では走行できなかったのだろう。だが、スタイリッシュで露出度の高いカモフラージュのおかげで、より多くの興味深い詳細が明らかになった。

フロントには、冷気を取り込むための大きなエアスクープがある。その奥に搭載されているエンジンについては未だに謎のままだが、新しいグリルやフロントバンパー下部のエアダムも確認できる。その下には地面すれすれのリップスポイラーが装着されている。攻撃的なスタイルは、今にも噛みつこうと2本の牙を剝いているようだ。ボンネットの縁にはテープが貼られているため、その輪郭がはっきりとわかる。

サイドから見ると、フロントとリアのフェンダーが標準よりも幅広くなっているようで、サイドシルは明らかに大きくなっている。ポリッシュ仕上げのリムにブラックのスポークを組み合わせたホイールの奥には、フォードのSVT(スペシャル・ヴィークル・チーム)による大型ディスクブレーキが見て取れる。そして後部は、エキゾーストパイプの先端が埋もれるように装備されたディフューザーを除けば、大きな変更がないようだ。

全体的に非常に獰猛な印象を受けるが、噂されている2016年モデルとしての登場が待ち遠しい。それまではギャラリーで、あらゆる角度からチェックしてほしい。また、マスタング専門情報サイトMustang6g.comの協力により、動画も追加することができたので、ぜひご覧いただきたい。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング