【ビデオ&フォト】レクサス、初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月29日 19時10分

【ビデオ&フォト】レクサス、初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発売!


レクサスは、同ブランド初となるコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を7月29日に発売した。

レクサス初のコンパクトSUV「NX」は、2013年の東京モーターショーにも出展されていたコンセプトカー「LF-NX」の市販モデル。2014年4月に北京モーターショーでワールドプレミアとなった後、日本でも6月に東京・大阪・名古屋の各都市でプロトタイプが先行展示されていたので、すでにご覧になった方もいらっしゃるかも知れない。

レクサスによれば、そのコンセプトは「Premium Urban Sports Gear」であるという。「Gear」とはもちろん、装備・装具という意味だが、「この場合、格好いい道具という意味合いを含ませている」そうだ。つまりレクサス NXとは、「上質で、都会的な、恰好いい運道具」という概念に基づき開発された自動車ということか。より具体的には「都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えている」と説明されている。



"コンパクト"といっても、全長4,630mm × 全幅1,845mm × 全高1,645mmというサイズは、日本ではミドルクラスSUVに属するだろう。トヨタの現行型「ハリアー」と比べると、90mm短いが、10mm幅広く、45mm低い。2,660mmのホイールベースは共通だ。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアはダブルウィッシュボーン。ホイールとタイヤは17インチまたは18インチが各種用意されている。

エクステリアは、最新レクサスの特徴でもある「スピンドルグリル」を起点に、「人が乗るキャビンの前後を大胆に絞り込んだ菱形のボディと力強く張り出したホイールフレアを融合させ、タイヤの存在を強調。SUVとしての力強さを表現している」そうだ。ボディ・カラーは全10色から選べる。

一方、レクサスらしい質感の高そうなインテリアは、「"Premium Urban Sports Gear"を感じさせる構造美と素材感を、センタークラスターのフレームなど金属質感のダイナミックな骨格と革調素材の構成で具現化した」という。シート表皮は本革をはじめ「L tex」と呼ばれる合成皮革やファブリックがグレードによって採用されている。



パワートレインはガソリン・ターボとハイブリッドの2種類。「NX200t」に搭載されるレクサス初の新開発2.0リッター直列4気筒ターボ・エンジンは、ツインスクロール・ターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iW(デュアル可変バルブタイミング機構)を組み合わせ、さらにターボ用直噴技術「D-4ST」(ポート噴射と筒内直接噴射を併用する)を採用。最高出力238ps/4,800〜5,600rpmと、最大トルク35.7kgm/1,650〜4,000rpmを発生する。これに合わせて新開発された6速AT「6 Super ECT」には、マニュアル感覚のシフトチェンジを可能にするシーケンシャルシフトや、コーナリングでの変速制御を最適化する「G AI-SHIFT制御」が採用されている。SUVらしい4輪駆動の他、都会向けの前輪駆動も選べる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング