TRDが、「レクサス NX」のために開発した「F SPORT PARTS」を発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月30日 17時0分

TRDが、「レクサス NX」のために開発した「F SPORT PARTS」を発売!


「TRD」ブランドでトヨタ車のモータースポーツ活動やカスタマイズ・パーツの展開を行うトヨタテクノクラフトは、新型コンパクトクロスオーバーSUV「レクサス NX」向けに開発されたスポーツパーツ「F SPORT PARTS」を発売した。

今回発売されたパーツは、「適切なダウンフォースと迫力のあるフロントマスクを創り出す」フロントスポイラー、「安定したダウンフォースと直進安定性をもたらす」リヤディフューザー、「心地よいサウンドでありながらスポーティーなサウンドを醸しだす」スポーツマフラー、そして「バネ下重量の軽減と剛性向上を行うことで、しなやかな乗り心地と安定したロードホールディング性能に貢献」するという19インチ鍛造アルミホイールの4点。

「"すべては走る歓びのために"をキーワードに、シンプルでありつつ空力性能のトータルバランスを高めた」というエアロパーツは、当然ながら前後に同時装着を行うことでより高い効果を発揮するとのこと。ただし、フロントスポイラーはレクサス NX "F SPORT"のみ装着可能。また、スポーツマフラーとリヤディフューザーは同時装着が必須となる。

軽量・高剛性の1ピース鍛造アルミホイールは、標準や純正オプションよりも大径の19インチ×8.0J。「スポーク部分の造形にもこだわりながら専用開発をおこなった」そうだ。どんなボディ・カラーにも合いそうなガンメタリックで塗装されており、装着するタイヤの推奨サイズは235/55R19となる。



価格はフロントスポイラーが7万4,520円(素地)〜8万1,000円(塗装済み)。スポーツマフラー&リヤディフューザーはセットで25万5,960円(素地)〜26万2,440円(塗装済み)。19インチ鍛造アルミホイールは1台分(ホイール4本+ ホイールナットセット)で43万6,860円。235/55R19サイズの「MICHELIN LATITUDE SPORT」タイヤとセットなら1本あたり15万6,600円(いずれも消費税込み)。全国のレクサス販売店で購入でき、3年間または60,000kmの保証が付く。

トヨタテクノクラフトによれば「『Aerodynamic Control』『Total Balance』を開発コンセプトに、メーカーワークスが思いを込めて開発した」という、このTRD F SPORT PARTS。アフターパーツに"ワークス"ならではの安心と品質と性能を求める方は、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

TRD 公式サイト:

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング