【ビデオ】吉原大二郎も参加したBMW「M235i」のWeb用ショートフィルムがついに完成! 

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年8月3日 8時30分

【ビデオ】吉原大二郎も参加したBMW「M235i」のWeb用ショートフィルムがついに完成! 


米Autoblogは米メディアとして唯一、BMWが新型「M235i」のために制作していたWeb用ショートフィルム『Drift Mob』の制作現場に立ち会うことを許され、撮影に臨むスタントチームの練習風景や実際の撮影現場をこれまでに独占レポートしてきた。今回はついに完成した『Drift Mob』をご紹介しよう。
映像はシンプルな構成ながら最高にクールだ。立ち並ぶビルの間の大きなロータリーで突然交通が遮断され、そこに5台の真っ赤なM235iが登場。驚く通行人をよそに見事なドリフトを繰り広げる。ちなみにこの撮影は、南アフリカ共和国第2の都市、ケープタウンで行われた。

ネットなどの呼びかけによって集まった不特定多数の人たちが、ゲリラ的に公衆の面前でパフォーマンス(ダンスや演奏)を披露することをいう"flashmob(フラッシュモブ)"をもじったタイトルのこの映像作品。音楽の代わりにタイヤのスキール音が鳴り響く中で、パフォーマンスを披露したのは世界的に有名なドリフターたち、リース・ミレン、サム・ヒュービネット、吉原大二郎、リッチ・ラザフォード、コンラッド・グルンワルドの5人だ。既にお伝えしているように、Autoblogでは今後、この5人のコメントを含む撮影の舞台裏も紹介する予定だ。それまでは、このショートフィルムをお楽しみいただきたい。


<関連動画はこちら>

By Steve Siler
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング