Harley-Davidson2015年モデルとしてRoad Glideが再登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年8月6日 12時50分

Harley-Davidson2015年モデルとしてRoad Glideが再登場!



米国ミルウォーキー2014年8月1日 - Harley-Davidsonは、インターネット上で 溢れるRoad Glide復活を期待する様々な声に応え、2015年モデルの全ラインナップの発表にさきがけ、「Road Glide Special」を発表した。Road Glide Specialは、世界中のハーレーダビッドソンファンが復活を望んだRoad Glideの新モデル。 ハーレーダビッドソン社は、2015年モデルの全ラインナップの発表より数週間早く、2015年の新しいモーターサイクルのひとつであるRoad Glide Specialについて事前に情報を公開した。顧客主導の製品開発プロジェクトである"Project RUSHMORE"の DNAを受け継ぐこのツーリングモデルは、シャークノーズフェアリングとペイントの光沢が特徴です。このモデルは、サウスダコタ州のスタージスでのSturgis Motorcycle Rally、およびオクラホマ州タルサでのNational Bikers Roundup (NBR)の開催に合わせて発表することなった。



 ハーレーダビッドソン社の社長兼最高執行責任者であるMatt Levatichは、「Road Glideには、常に熱狂的なファンがいらっしゃいましたので、モデルラインナップへの復活は お客様にとっても、弊社にとっても大変喜ばしいことと存じます。"Project Rushmore"の技術、 直感的に操作できる機能、魅力的な新しいスタイリングにより、Road Glideのファンや、さらに 洗練された"Project Rushmore"のモーターサイクルを求めるライダー達に、より快適な ライディングエクスペリエンスをご提供いたします。」と述べた。
 製品企画マネージャーのMike Gocheは、「Road Glideは、これまでずっと、道での自由を追求し、自分をはっきりと表現することを好む個性をしっかりと お持ちのライダーの皆様を対象としてきました。この新しいモデルでは、そうしたライダーの 皆様の精神を尊重しつつ乗り心地を大幅に改善し、ツーリングを楽しむ世界中のライダーに 大好評の"Project RUSHMORE"の機能をすべて搭載しています。」




 何時間ものウインドトンネルテストの結果完成した、Road Glide Specialのフレームにマウントされたフェアリングは、3つのスプリットストリームを作るフェアリングを採用することで、ヘッドへのバフェティングを大幅に減らし、ライダーの周りに心地良い空気の流れを作り出す。インナーフェアリングの中央には、最高品質のBoom!TM Box 6.5GTインフォテイメントシステムが搭載されています。ライダーは後方へ流れる新しいデザインのハンドルバーで快適なライディングポジションを保ちながら、ハンドルバーに取り付けられた 2つのジョイスティックで画面を操作することもできる。High Output Twin Cam 103TM V-Twinエンジンは、ライダーがスロットルを回すだけで、簡単に強力なトルクを体感。ツーリング機能には、ワンタッチハードサドルバッ グ、クルーズコントロール、及び読み取りやすいゲージが含まれている。乗車の安全性を高めるため、Road Glide SpecialにはABS搭載のReflexTMリンクドブレーキが搭載。また、特別塗装のインナーフェアリングと手描きのピンストライプにより、スタイリングが さらにランクアップしている。
復活したRoad Glideの登場を映像でご覧頂きたい。

<関連動画はこちら>

■フォトギャラリー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング