【ビデオ】映画『世界最速のインディアン』で有名なあのバイクの新型が登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年8月7日 14時0分

【ビデオ】映画『世界最速のインディアン』で有名なあのバイクの新型が登場!



「インディアン・モーターサイクル」社を3年前に買収した米ポラリス社は、インディアンの伝説的なモデルの名前をそのまま使った新型車を次々と世に送り出している。そんな同社が、米サウスダコタ州で現在開催中のオートバイの祭典「スタージス・モーターサイクル・ラリー」で新型「Scout(スカウト)」をお披露目したのでご紹介しよう。
映画『世界最速のインディアン』のモデルとなったバート・マンロー氏が、1967年に世界最速を記録したことでも有名なスカウト。実に70年以上ぶりに全く新しいデザインとして生まれ変わった新型スカウトだが、オリジナルのトレードマークでもあった"rigid triangle"のデザインは踏襲されている。約255kgと重量はあるが、それでも鋳造アルミニウム製フレームを使用することで、同じクラスのオートバイの中では最軽量となっている。なめしの1枚皮で作られたシートの高さはわずか約64cmと乗り降りがしやすく、快適で操縦もしやすい。約1.6mのホイールベースに、31度のリーン・アングル(限界バンク角)は、市販されているクルーザー・スタイルのオートバイの中で最もスポーティーな設計と言えるだろう。

1,133ccの液冷V型ツイン・エンジンは最高出力100hp、最大トルク9.82kgmを発生し、オーバードライブ付き6速トランスミッションに伝えられる。リア・サスペンションにはモノチューブ式コイルオーバー・ショックアブソーバーを採用。ABS(アンチロックブレーキングシステム)も標準装備されている。

新型スカウトの販売は今年の後半を予定しており、ボディーカラーは、ブラック、レッド、マットグレー、マットブラックの4色を用意。価格は1万999ドル(約113万円)からとなっている。

3本のビデオと多くの画像をアップしているので、併せてチェックしてほしい。詳細についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。


<関連動画はこちら>

<関連動画はこちら>

<関連動画はこちら>

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング