今話題の軽自動車、SUZUKI ハスラーに乗って街中ドライブ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年8月17日 11時0分

今話題の軽自動車、SUZUKI ハスラーに乗って街中ドライブ!



初めまして、Autoblog編集部ゆいです。
今巷で話題のスズキ・ハスラーに乗って、様々な事を読者目線でお伝え出来ればと考えています。今回は、ハスラー Xターボ 2トーンルーフ仕様に早速乗ってみました!

 山へ海へと行かれる方も多いこの季節。スズキ・ハスラーに乗って出かけたいと思うこの猛暑の夏。そんな中、あえて街中へハスラーを持ち込んでみました。街中での使い勝手や走行性能などをじっくりと検証します。スズキ・ハスラーは、街中でどんな走りをみせてくれるのか、話題の車に乗って!ドキドキドライブ〜!
なんちゃって。(笑)






 さて、外観は私的に、そう!見た目の可愛さだけじゃなく頑丈そうなデザインも相まって凛々しい感じもちょっとしちゃった。
全体のポップな感じに反して顔はSUVらしいガッチリとした中に可愛らしさもある作りですよね。
本当、軽自動車の可愛いさとSUVのかっこよさのいいとこ取り!
 サマーブルーメタリックのボディカラーは、暑さを感じさせない程、爽やか!街中でも一際目立つ!
そんな爽やかでかっこいいハスラーを前にしたら、海や山に行ってはしゃぎたくなるわ!




内装も個性的なデザイン。
ボディカラーに合わせたカラーパネル、黒ベースのブルーパイピングがシンプル且つ大胆なシート!
内外装とも、ボディカラーやグレードによって様々な色があるので、車を選ぶのに悩みそう。



 ハスラーの気になる走りは、街中で走るなら、十分な安定感ですかね。
最小回転半径が4.6mと小回りがきくので、狭い路地がある街中でも、車の多い駐車場での車庫入れにも最適。軽自動車の強みですね。

さらに、エネチャージとアイドリングストップ!
皆さんも一度は聞いた事ある2つの言葉!
エネチャージは、アクセルを離した時や、ブレーキを踏んで速度が遅くなった時、タイヤの回転を利用してガソリンを使わず発電機で発電し、バッテリーに充電する。それを、電気を使うオーディオやメーター等に使うので、その分の発電にかかるムダな燃費を押さえる事ができます。
そして、減速中からエンジンを停めてムダなガソリン消費を押さえる、アイドリングストップ。停まる前の速度が遅くなった時、アクセルOFFでガソリン使用をカットし、ブレーキを踏んで速度が13km以下になると自動でエンジンを停めてくれます。アクセルを離してからエンジンが再始動するまで、ガソリンを使わず、低燃費に貢献!エンジンは、ブレーキを離すかハンドルを動かすだけなので、スムーズに再スタートが出来ます!

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング