VWが、111km/リッターの超低燃費車「XL1」に4ドア4人乗りモデルを計画中?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年8月26日 14時0分

VWが、111km/リッターの超低燃費車「XL1」に4ドア4人乗りモデルを計画中?



英の自動車専門メディアによると、フォルクスワーゲン(VW)は次世代型「ゴルフ」の開発よりもプラグイン・ディーゼル・ハイブリット車「XL1」の開発に本腰を入れていくかもしれない。
同社の会長、フェルディナンド・ピエヒ氏は、来年ホンダが市販化する予定の燃料電池車「FCEV」に対抗するため、2人乗りのXL1を4ドアで4人乗りにした新型車のプロジェクトを推し進めているという。この新型はXL2と呼ばれる可能性が高いそうだ。

同メディアは、XL2が4ドアの4人乗りだとすると、当然XL1よりも車両重量は増加し、1,749ポンド(約793kg)から2,068ポンド(938kg)に増えると見込んでいる。それでもVWの小型車「UP!」の2,072ポンド(約940kg)より4ポンド(約1.8kg)軽量だ。また、同社のさらに進んだ技術力と、XL1よりもボディをロング化すれば空力性能が向上するため、重量が増えるデメリットが相殺され、111km/リッターという超低燃費を維持できるとも予想している。ボディをロング化した場合、後部座席は運転席と助手席と同様、前後に少しずらした配置になると推察される。

しかし、VWが今年のジュネーブ・モーターショーでお披露目した、XL1にドゥカティのエンジンを搭載した「XLR」は、限定生産する予定が結局中止となってしまったようなので、XL2の計画も同じ道をたどる可能性はある。というのも、XL1の価格が11万ユーロ(約1,513万円)もするのに対し、トヨタの燃料電池自動車(FCV)の価格は約700万円程度が予定されており、現実的に考えても価格が大きなハードルになることが予想されるからだ。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング