マツダ、4代目となる新型「ロードスター」を初公開! エンジニアの方にお話を聞いて来た

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年9月4日 21時0分

マツダ、4代目となる新型「ロードスター」を初公開! エンジニアの方にお話を聞いて来た


マツダは9月4日、新型「マツダ ロードスター」を日本、アメリカ、スペインで同時公開した。発表会の会場から、まずは開発に携わったエンジニアの方々にお話を伺って来た。


1989年に初代「NA」型が日本では「ユーノス ロードスター」という名前でデビューしたマツダ ロードスターは、2014年7月までに累計生産台数94万台を超え、「2人乗り小型オープン・スポーツカー」としては世界一となるギネス認定記録を今も更新し続けている。それほどまでに世界中で愛されている"ロードスターらしさ"とは何か? 本日初公開された4代目「ND」型ロードスターの開発は、そのことを改めて考えることから始まったようだ。



初めに断っておくが、今回、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターに、1,200名のファンを招待して行われたイベントで発表されたのは、文字通り実車の「公開」のみ。我々が身悶えするほど気になるエンジンのスペック、価格、発売日については一切明らかにされなかった(発売は2015年になってから)。全長3,915mm × 全幅1,730mm × 全高1,235mmというサイズ(ただし展示車の開発目標値とある)は、3代目の現行型より105mmも短く(初代と比べても40mm短い)、10mmずつワイド&ローだ。ホイールベースは2,315mm。3代目より15mmだけ短縮されたが、初代や2代目より45mmも長い。切り詰められたオーバーハングが見た目でも数字の上でも印象的だ。そして「オープン2シーター」であることはもちろん、「FRレイアウト」と「50:50の前後重量バランス」については、(まるでポルシェ911のリア・エンジンと同じように)今回もまたこれからも変わることがないという。さらに、先代「NC」型ロードスターと比べて「100kgを超える軽量化を実現」したことが宣言された。




なぜ、それほどの軽量化が可能になったのか? そして、なぜ今まではそれが出来なかったのか?

会場でファンの皆さんと歓談されていた、新型ロードスターの開発を担当されたエンジニアの方々に質問してみた。

「まず、材料置換ですね。超高張力鋼板とか、前回のモデルチェンジ当時では使えなかった部材が使えるようになった。それから今回のモデルチェンジでは、25年ぶりに白紙から新規開発することが出来たというのが大きいです。初代ロードスターの車重は900kg台でした。それが、要求される衝突安全性の強化などのために補強を入れることで重くなり、重くなった車体を走らせるために今度はエンジンの排気量を上げ、そうするとさらにシャシーや足回りを補強しなければならずますます重くなる、という"負のスパイラル"に陥ってしまった。今回は全て1から設計できるということで、まずボディを先代より小型化しました。そうするとエンジンのパワーも前より少なくて済む。すると足回りにも掛かる負担が減るから、見てください、ホイールも今までの5穴から、今回は4穴に変更になっています。そこでも少し軽量化できた。そういうグラム単位の軽量化の積み重ねです」

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング