ヤマハ 3タイプのエンジンで2020年に年間500万台を生産 次世代高性能小型エンジン"BLUE CORE"

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年9月12日 15時0分

ヤマハ 3タイプのエンジンで2020年に年間500万台を生産 次世代高性能小型エンジン"BLUE CORE"


 ヤマハ発動機株式会社は、 "BLUE CORE (ブルーコア)" 思想に基づいた次世代小型エンジンを開発、プラットフォームのコアとして今後様々なモデルに展開する。
 この"BLUE CORE エンジン"は、1)高効率燃焼、2)高い冷却性、3)ロス低減 の3点を追求した次世代の高性能小型エンジン。  2014年8月にベトナムで発売した女性向けスクーター「Nozza Grande」に搭載の125cc空冷エンジンは新開発の"BLUE CORE エンジン"で、2008年当社モデル比で50%燃費向上の目標を達成。 この"BLUE CORE エンジン"を、順次、新興国および先進国に導入する様々なモデルに織り込み、2020年には3タイプのエンジンで年間500万台の生産を目指す。

■Nozza Grandeに搭載の"BLUE COREエンジン"の主な仕様
・空冷4ストローク単気筒SOHC・2バルブ125cc・FI・CVT
・ボア×ストローク52.4×57.9㎜ 圧縮比11.0:1
・アルミ鍛造ピストン、オフセットシリンダー
・ダイアジルシリンダー、高効率小型ファン/新形状シュラウド/薄型高密度フィン
・エンジン単体(吸排気系・キッククランク込み)で32.1kgの軽量設計
・駆動力伝達効率に優れたCVT系および最適減速比設定

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング