復刻限定モデル第2弾、「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」の国内発売を開始

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年9月25日 17時30分

復刻限定モデル第2弾、「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」の国内発売を開始



フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市)は、人気の「ザ・ビートル」の特別限定車「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」を、9月30日に発売、10月4日、5日の両日にデビューフェアを開催する。 この限定車の総販売台数は合計800台で、その内訳は、ピュアホワイトが400台、ディープブラックパール エフェクトが200台、プラチナムグレーメタリックが200台。全国希望小売価格は286万円(税込)。

今回発売する「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」は、昨年開催された第43回東京モーターショーで一般公開した「ザ・ビートル・レーサー」と同じく、往年の限定車の復刻モデル。 本モデルは、32年前の1982年に発売された「フォルクスワーゲン タイプ 1(通称:ビートル)1200」の限定車「スペシャル・バグ」へのオマージュとして企画され、主に欧州で販売されていた。


ファッション性を重視して企画された当時の「スペシャル・バグ」は、ブラック/ゴールド、ブラック/レッドのカラー コンビネーションを採用していたが、今回の「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」は、外装色にピュア ホワイトとディープブラックパールエフェクト、そして、本限定車専用色のプラチナムグレーメタリックの3色を用意。ボディの装飾は往時にならい、クロームのホイールキャップ付 17 インチアルミホイールを採用すると共に、室内はベージュとブラウンのツートーンでコーディネートした専用シートを採用するなど、全体的にクラシカルな雰囲気に仕上がっている。



そしてボディ両サイドの下側には、ブラウン/グレー(ピュアホワイト、 ディープブラックパールエフェクトの場合)あるいは、ブラウン/ブラック(プラチナムグレーメタリックの場合)のツートーンストライプのデカールと、リヤホイールアーチの前方部分(左右)にブラウンの文字で書かれた「Special」のロゴ、そして、リアゲートの中央には「ビートル」の愛称である「Bug(バグ)」のエンブレムを装着するなど、このモデルが特別なモデルであることを主張しています。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング