【レポート】さらに高性能な「メルセデスAMG GT」のブラックシリーズが早くも計画中!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月9日 14時0分

【レポート】さらに高性能な「メルセデスAMG GT」のブラックシリーズが早くも計画中!



現在フランスで開催されているパリ・モーターショーで、メルセデス・ベンツが公開したばかりの「メルセデスAMG GT」。メルセデスが新型車が発表した後、しばらくするとAMGからパフォーマンスモデルが出るのはいつものことだが、今回のメルセデスAMG GTにはすでに "AMG"バッジが付いており、最高出力510hpを発揮する高性能版の「GT S」も用意されている。だが、どうやら同社では、さらにパワフルな「メルセデスAMG GT ブラックシリーズ」をすでに計画しているようだ。
これはパリ・モーターショーでAMG部門代表のトビアス・メールス氏が、英国の自動車専門誌『Evo』のインタビューで明かしたもの。メールス氏は、メルセデスAMG GTに「遅かれ早かれ、"ブラックシリーズ"バージョンが登場する」と打ち明け、現行より「さらに速くシャープなモデルになる」と明言したという。

どれくらい性能が向上するのか、またいつ頃登場するのかについては明かされなかったが、『Evo』誌は2018年以降になるだろうと予想している。それまではコンバーティブルなど、他のバリエーションが追加されるだろう。

ブラックシリーズは、AMGの最も高性能なパフォーマンスモデルに与えられる名称。これまで「SLK」や「SL」「SLS」「CLK」「Cクラスクーペ」という2ドアモデルのみに設定されてきた。それらを見ると、エンジンやサスペンション、ブレーキ、エアロなどが強化され、すでにパワフルで速いモデルの性能がさらに引き上げられている。メルセデス AMG GTのブラックシリーズにも、同様のアップグレードが期待できるだろう。早くこの目で見たいものだ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング