フォード、新型「マスタング」の日本導入を発表! まずは4気筒の特別仕様車から受注開始

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月28日 19時30分

フォード、新型「マスタング」の日本導入を発表! まずは4気筒の特別仕様車から受注開始


フォード・ジャパン・リミテッドは、今年4月に本国アメリカで発売された新型「マスタング」の日本導入を発表。まずは2.3リッター直列4気筒"EcoBoost"エンジンを積む特別仕様車「50 YEARS EDITION」の受注を350台限定で11月1日より開始し、2015年後半には右ハンドル仕様も発売するという。

1964年に発売された初代から数えて50周年を迎えるフォード マスタングは、2013年12月に6代目となる新型が発表された。伝統的なデザインを受け継ぎながら、現代的に洗練されたボディのフロントには、5.0リッターV型8気筒と3.7リッターV型6気筒に加えて、2.3リッター直列4気筒直噴ターボ"EcoBoost"エンジンが新たに採用されることになり、そのダウンサイジングぶりと意外な高性能が大きな話題を呼んでいる。

先陣を切って日本に導入される新型マスタングも、このエンジンを搭載する「マスタング エコブースト」と本国で呼ばれるグレードをベースにした特別仕様車。マスタング誕生50周年を記念して「50 YEARS EDITION」と名付けられている。今回から「ファストバック」という懐かしい名前が復活した2ドアのクーペ・ボディには、「クラシック・マスタングの給油口をモチーフにした」という専用のリア・エンブレムや、ブラック・ペイントされた5本スポークの19インチ・アルミホイールが装着され、インテリアにも運転席および助手席に、50周年モデル専用のエンボス加工が施された本革スポーツシートを装備。さらに本国ではオプションとして用意されている「パフォーマンス・パッケージ」が、日本仕様は標準で装備され、サスペンションの専用チューニングによってハンドリングが強化されるほか、大型のブレーキローター&キャリパーが装着される。車両の挙動を安定させる電子制御デバイス「AdvanceTrac」も、よりスポーティな走行に対応するという。7色が用意されるボディ・カラーの中で、「コンペティションオレンジ」と「トリプルイエロー」は限定生産色となる。




注目の2.3リッター直列4気筒直噴ターボ"EcoBoost"エンジンは、最高出力314ps/5,500rpmと最大トルク44.3kgm/3,000rpmを発揮。これは3.7リッターV6を上回る数値だ。パドルシフトを備えた6速「SST(セレクト・シフト・オートマチック・トランスミッション)」との組み合わせで、(もちろん)後輪を駆動する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング