1953年から1989年まで、全年式を揃えたコルベットのコレクションがオークションに出品

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月30日 19時30分

1953年から1989年まで、全年式を揃えたコルベットのコレクションがオークションに出品


エンスージアストは、クルマそのものだけでなく、時にクルマが辿ってきた歴史にも惹かれるものだ。今回は米『ニューヨークタイムズ』紙(NYT)が報じた、2016年春に開催予定のオークションに出品される、米画家ピーター・マックス氏が所有していたシボレー「コルベット」の36台のコレクションと、それにまつわる秘話をご紹介しよう。
60年代のポップカルチャーを代表する画家のピーター・マックス氏(写真)は、明るく刺激的な色で象徴的なイメージを描く作風で知られている。しかし、ニューヨーク近郊に住むクラシックカー好きにとっては、36台ものコルベットのヴィンテージカー・コレクションをニューヨーク市内の駐車場で数十年も所有していたことの方で有名かもしれない。NYT紙によると、このコレクションは最初のコルベットが誕生した1953年から、1989年までの間に製造された全ての年式のモデル36台が揃う、非常に貴重なもので、特に1953年型はこの年に300台のみが生産された中の1台だという。

さらに興味深いのは、彼がこれだけのコルベット・コレクションを手に入れた経緯だ。これはもともと1989年にケーブル音楽チャンネルのVH1が、「歴代コルベット36台を1名にプレゼント」という何とも太っ腹な懸賞の賞品として用意し、その当選者が当時コルベットを使ったアートを構想していたマックス氏にまとめて譲ったのだという。

残念なことに、保管場所だったニューヨークの市営駐車場は決して清潔とは言えない。シボレーのコレクションが埃まみれの汚れた状態で放置されていたことは、映像の中で紹介されている写真からも明らかだ。マックス氏はこのコレクションを幾つかの場所へと移動させた後、この夏ようやく売却に成功したという。その際の価格については明らかにされていない。

コレクションの新たな所有者は、現在売却に向けて修復作業をしている。36台を1セットで購入してくれる人が出てくればそれが一番だが、まとめて売却するのが無理であれば、個々に売却する方針だという。オークションが開始されれば話題を集めるだろう。

それでは、詳しくは映像でご覧いただこう。さらに興味のある方はNYTの記事をお読みいただきたい。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング