フォードが、パトカーに搭載する警察官の運転監視システムを開発

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月4日 6時30分

フォードが、パトカーに搭載する警察官の運転監視システムを開発



警察官は、町の安全を守る大事な仕事だが、公務員であると同時に権限も持つため、監視システムの必要性が求められてきた。そこでフォードは、テクノロジー会社Telogisと提携し、警察用車両の「ポリス・インターセプター」に搭載する「フォード・テレマティクス」と呼ばれる警察官の監視システムを開発した。
このシステムは、パトカーに乗っている警察官の運転の様子を、警察署にいる署長や上司にストリーム配信するというもの。走行速度や現在位置、旋回時の加速などの情報だけでなく、緊急ライトが点灯しているか、警察官がシートベルトをしているかなどのような細かな情報まで配信される。

フォードのスポークスマン、クリス・テリー氏はAutoblogの取材に、「フォードテレマティクスは、市民を守るのと同じくらい警察官を守るためのものだ」と語った。パトロールカーを常にモニターすることは、街と警察官の双方にとって利点があるという。署が全車両の位置を把握しているため、何か起きたときに法的責任を追及される可能性が減り、また警察官は監視されていることでより安全運転を心がけるようになるからとのことだ。

ナショナル・ローエンフォースメント・オフィサーズ・メモリアル・ファンド(国立法執行官記念基金)の代表者によると、過去16年間のうち14年間で、警察官の死因のトップは交通事故が占めているという。また、別の調査によれば、亡くなった警察官の半分近くがシートベルトをしていなかったことがわかっている。このモニタリングシステムを導入すれば、こうした悲劇的な事故の数は減少していくだろう。

同システムはフォードの全てのポリス・インターセプターに搭載することが可能だ。スポークスマンのテリー氏によれば、ロサンゼルス市警は導入に前向きな姿勢を見せているという。念のため言っておくが、フォードはこのシステムをオプションとして提供するだけで、これらのデータにアクセスすることは一切できない。では、もっとよく知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング