【レポート】マツダ「デミオ」の4ドアセダンが、11月28日にタイでデビュー!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月6日 6時30分

【レポート】マツダ「デミオ」の4ドアセダンが、11月28日にタイでデビュー!?



先日、マツダがロサンゼルス・オートショーで新型コンパクトクロスオーバー「CX-3」を世界初公開するとお伝えしたが、今度は同社がサブコンパクトカー「マツダ2」(日本名:「デミオ」)の4ドアセダンを発表するというニュースをご紹介しよう。
タイ王国の英字新聞『バンコク・ポスト』によると、11月28日に行われるタイランド・インターナショナル・モーターエキスポのプレスデーで、従来の5ドアハッチバックとともに、マツダ2の4ドアセダンが初披露されるという。両モデルはタイ工場で生産される予定で、最高出力105hpを発揮する1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載。ディーゼル・エンジン搭載車としては、タイにおけるエコカー認定を満たす初のモデルとなりそうだとのこと。タイ工場製のマツダ2は、オーストラリアやヨーロッパに輸出されることになっているという。

CX-3は北米でも販売されるようだが、マツダ2の4ドアセダンが北米にも出荷されるかは不明だ。ただ、先代のマツダ2のセダンタイプが米国で販売されていないことを考えると、あまり期待しない方が良いだろう。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング