リンカーンMKX、ナビゲーションシステムを標準装備

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月7日 13時5分

リンカーンMKX、ナビゲーションシステムを標準装備



フォード・ジャパン・リミテッド(本社:東京都港区虎ノ門4-3-13、代表取締役社長:森田 俊生)は、リンカーン・ブランドのCUV、リンカーン MKXに、ナビゲーションシステムを標準装備し、11月6日より販売を開始する。価格は36.5万円相当のナビゲーションシステムを搭載し、17万円アップの665万円とした。


今回の標準装備となるナビゲーションシステムは、MKXに装備されている先進のドライバー・コネクト・テクノロジー"MyLincoln TouchTM(マイ・リンカーン・タッチ)の8インチのタッチスクリーン上で起動、スイッチひとつでナビゲーションシステムとMyLincoln TouchTMの切り替えを可能とした。



MyLincoln TouchTMは、社内装備情報を一元化し、タッチパネル操作で、空調、オーディオ、ハンズフリー携帯電話等のコントロールを可能とした。パネルでの操作、ステアリング・スイッチ、SYNC(英語音声操作機能)でも操作可能。



フォード・ジャパンでは、リンカーン・ブランドのコアコンセプトを「Modern American Luxury」として定義し、リンカーンMKXの認知を高め、ブランドイメージを強化する。


フォード・ジャパン・リミテッド 公式

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング