​米国ホンダ、シリコンバレーにクルマ用アプリ開発スタジオ「Honda Developer Studio」を開設

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月19日 21時0分

​米国ホンダ、シリコンバレーにクルマ用アプリ開発スタジオ「Honda Developer Studio」を開設



本田技研工業株式会社の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(社長:山田 琢二)は、米国カリフォルニア州シリコンバレーにおける情報技術の研究開発拠点であるHonda Silicon Valley Lab(HSVL)内に、コネクティッドカー技術(ネット接続型自動車技術)の研究開発機能強化のため、2014年12月に「Honda Developer Studio」を開設することを現地時間2014年11月18日に発表した。


Honda Developer Studioは、一般のアプリ開発者がクルマでの使用に最適化したアプリ開発を行うことを支援するために開設された。Googleが発表した、携帯情報端末用に開発された基本ソフト(OS)Androidが搭載された端末を、クルマのテレマティクス装置と連動させるシステム「Android Auto」。このシステムのソフトウェア開発キット「Self Development Kit、SDK」を使ったアプリ開発を積極的に支援。
Honda Developer Studioでは、アプリ開発者がホンダの技術者と協働し実際のクルマの画面での見え方、アプリの操作性、オーディオの聞こえ方やボイスコマンドの正確性などを誰でも検証できるよう、オープンな実験スタジオを設けている。

HSVLシニアプログラムディレクターの杉本 直樹(すぎもと なおき)は、「一般のアプリ開発者の方々にもっとクルマ用アプリの開発に関心を持ってオープンに参加していただくことで、クルマのユーザー体験の変革を加速できると思います。我々は、ドライバーにとって革新的なコネクティッドカー体験をさらに生み出せるよう、アプリ開発者の皆様に、Honda Developer Studioを活用して自分のアイディアをアプリという形でどんどん世に出してほしいと考えています」と語った。

本田技研工業株式会社

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング