トヨタ、「GRMN86」のプロトタイプモデルを東京オートサロン 2015に出展!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月4日 18時0分

トヨタ、「GRMN86」のプロトタイプモデルを東京オートサロン 2015に出展!


トヨタの"クルマファンとともに、クルマの「楽しさ」と「夢」を広げる取り組み"であるGAZOO Racingは、2015年1月9日(金)から11日(日)まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「TOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC(以下、東京オートサロン 2015)」に、「GRMN86」のプロトタイプモデルを出展すると発表した。


"GAZOO Racing tuned by MN"の略である「GRMN」とは、トヨタによれば「車両開発の聖地と呼ばれるドイツ・ニュルブルクリンクを舞台に、GAZOO Racingのテストドライバーらの手によって鍛えられ、味付けが行われているクルマ」であるという。これまで主に東京オートサロンのようなショーで、その名前を持つ多くのラディカルなチューンドカーが発表され、またスーパーチャージャー付き「iQ」やターボ付き「ヴィッツ」などのコンプリートカーも限定販売されてきた。



今年1月の東京オートサロン 2014ではついに、FRスポーツカー「トヨタ 86」をベースに大幅な軽量化を施した「GRMN86 コンセプト」が公開されている(上の写真)。それについては当時、開発者の方にお話を聞いて記事を書かせていただいたので、ご記憶の方もいらっしゃるかも知れない。今回、2015年の同じショーに出展されると発表された車両は、同じ「GRMN86」という名前ながら、前回の「コンセプト」から「プロトタイプモデル」という表現に変わっている。市販化に向けてより開発が進んだ車両であると期待していいだろう。
開発元のトヨタ...ではなくGAZOO Racingによれば、それは「ボディの軽量化や空力パフォーマンスの大幅向上など、トヨタ 86でのニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦を通じて得たノウハウをダイレクトに反映し、道を選ばず、誰もが気持ちいいと感じる走りを追求したモデル」であるそうだ。本日12月3日現在では2枚のティーザー画像が公開されているだけだが、フロントのリップスポイラーには新たに試行錯誤された跡が見られる。

東京オートサロン 2015のGAZOO Racingブースには、他にもトヨタ 86とレクサス LFAのニュルブルクリンク24時間レース参戦車両や、燃料電池車「MIRAI」のラリー仕様車、「プリウス」ベースの市販カスタムカー「G's PRIUS」、そしてトヨタの技術者が業務時間外に取り組む活動の1つであるトヨタ技術会が製作した「TES-CROSS」が出展される予定だ。さらにその近隣ブースでは、トヨタテクノクラフトが、同じトヨタ 86をベースとする「86 TRD Griffon Street Edition」を参考展示するという。



あの大きな話題を呼んだ東京モーターショー 2011におけるトヨタ 86の発表からも3年が過ぎた今、単なるショーカーではなく現実的な提案として、そろそろ新たな展開を見せて欲しいところ。なお、他の出展車両については以下の特設ページで随時公開していく予定だという。1月9日の東京オートサロン開幕に向けて、年末や年明けにも忘れずにチェックしよう。

GAZOO Racing:東京オートサロン

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング