ヤマハ、2015年モデルを続々発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月9日 6時30分

ヤマハ、2015年モデルを続々発表!


TMAX530
ヤマハ発動機株式会社は、「TMAX530」シリーズ「XVS250 ドラッグスター」「アクシス トリート XC125E」「FJR1300AS」「FJR1300A」の計5台の2015年モデルを2015年1月から順次発売することを発表した。

国内でも人気が高い「TMAX530」シリーズは、上質感・スポーツ性・使い勝手をさらに向上。LEDヘッドライトと新形状のフロントカウル、スーパースポーツモデルと同様の倒立式フロントフォーク、スマートキーシステム、12VのDCアウトレット等を新たに採用。上級機種の「TMAX530 ABS IRON MAX(アイアン マックス)」には、スエード調シート表皮、ピンストライプ入り前後ホイール、クロノウォッチイメージの専用メーター、アルミ製フットプレート等を採用した。

空冷V型2気筒エンジンを搭載した「XVS250 ドラッグスター」は、新色「マットグレーメタリック3(マットグレー)」を設定。
2015年モデルの新色は、マット塗装をベースにグロスブラックのパーツ類となめし革調の風合いをもつシート表皮とのコンビネーションにより質感を演出。2,320mm×935mm×1,070mmの扱い易い車体サイズと"ロー&ロング"を強調した本格的なクルーザースタイルが特徴のモデルだ。

ビビッドレッドメタリック5/ダークグレイッシュパープルメタリック1

原付2種のスタンダードスクーター「アクシス トリート XC125E」は、新色2色を設定。「アクシス トリート XC125E」は、都市部でジャストサイズなシンプルボディ(1,795mm×675mm×1,070mm)、燃費・始動性に優れるFIエンジン、ヘルメットボックスなどの収納性、手頃な価格等が特徴の125ccスクーター。
新色は、20~30代のアクティブ層に向けた鮮やかな「ビビッドレッドメタリック5(レッド)」と、シックで上質感ある「ダークグレイッシュパープルメタリック1(パープル)」の2色。
2015年モデルの製造はヤマハモーター台湾で行う。

FJR1300A/FJR1300AS

1,300ccの水冷・直列4気筒FIエンジンを搭載し、長距離ツアラー性能とスポーツ性を兼ね備えた「FJR1300AS」「FJR1300A」は新色を設定。新色は、メタリックのダークグレーとブラックを組み合わせた「ダークグレーメタリックN(ダークグレー)」。
「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」をベースに、クラッチ操作が不要なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)と電動調整サスペンションなどを採用した上級モデル。

各車種の発売日は、「FJR1300AS」「FJR1300A」が2015年1月7日。
「TMAX530」シリーズ、「アクシス トリート XC125E」が1月10日より、「XVS250 ドラッグスター」2015年1月20日発売となっている。

ヤマハ発動機株式会社 公式

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング