テスラ「モデルX」はEVでも牽引可能! 今から注文すると納車は2016年

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月11日 18時0分

テスラ「モデルX」はEVでも牽引可能! 今から注文すると納車は2016年



電気自動車が泥道で2トンのボートを牽引する姿を見たいと思ったことがあるだろうか? テスラのクロスオーバーEV「モデルX」は、これまで電気自動車では困難とされてきた牽引を初めて実現可能にしたという。米情報サイト『CleanTechnica』によれば、テスラはモデルXの牽引能力について、同車を予約した顧客にメールで発表したそうだ。
確かに牽引用のトーヒッチは、同車の特徴的なファルコンウィングドアほど魅力を感じさせるわけではないが、機能的にはうれしい仕様だ。テスラによると、モデルXは同サイズのクルマの中で最も優れたエアロダイナミクスを備え、1回の充電でより長距離の走行が可能になったという。さらにモデルXにはデュアルモーター4輪駆動が標準となるそうなので、オフロードでボートを牽引したい場合にも安心だ。

現在はクラッシュやその他のテストに使用するベータ版を製造中とのことだが、早期予約者に向けては2015年の第3四半期に納車が開始される予定。これから予約をする場合は、現時点で2016年まで待つことになるという。

巷では大成功が期待されているモデルX。米投資銀行モルガン・スタンレーは「モデルXの販売台数は2016年末までにはモデルSを上回る」との予測を今年の夏に立てている。発売を楽しみに待ちながら、今はギャラリーの写真をご覧いただきたい。


By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング