【読者プレゼントも!】スロットカーやRC戦車など、京商のギフトにお薦め12アイテム(後編)

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月18日 19時0分

【読者プレゼントも!】スロットカーやRC戦車など、京商のギフトにお薦め12アイテム(後編)


昨日に引き続き、RC(ラジオコントロール)モデルやトイ、ホビー製品の製造・販売で知られる京商の製品ラインアップから、クリスマス・プレゼントにお薦めのアイテムをご紹介しよう。今回も読者の方にプレゼントをご提供いただいたので、どうぞ最後までお読みいただきたい。

本日もAutoblogらしくクルマ関係のアイテムから。寒い季節は室内で仲間と盛り上がりたい、という方には、ドイツのスロットカー・ブランド 「カレラ」がお薦めだ。最新デジタル式の「カレラDigital 132」なら、1レーンに最大6台が走行可能。レース戦略が楽しめるレーンチェンジや、ペースカーも導入できる自動走行、雰囲気を盛り上げるライトアクションなど豊富な機能が満載で、価格は3万8,880円から。もっと手軽にスロットカーを始めてみたい人には、アナログ式1/43スケールの「カレラ GO!!!」セットが用意されている。こちらは9,698円から。F1、GTカー、ロードカーなど、車種も豊富だ。


<関連動画はこちら>

レーシングカーだけでなく、軍用車両にも興味があるという方なら、スマートフォンで自由自在に操縦できる戦車「ポケットアーマー」シリーズはいかがだろうか。その魅力は、約1/60スケール(全長162mm)という小さなサイズに、フォルムやディテール、カラーリングまで拘ったリアルな仕上げがまず1つ。アメリカ陸軍の「M1A2エイブラムス」と陸上自衛隊「90式戦車」の2モデル、それぞれ3タイプのカラーが揃っている。もう1つの魅力はもちろん、スクリーンをタッチするだけで前進、後進、左右履帯の独立制御による信地旋回、超信地旋回が可能という動かす楽しさだ。しかも砲弾発射と機銃掃射のサウンドを(スマートフォンのスピーカーから)鳴らすギミックまで搭載されている。価格は6,264円とお手頃で、単四アルカリ乾電池3本で120分以上の長時間走行ができるほど"燃費"もいい。



「AR.Drone」で知られるパロット社の「ミニドローンズ ローリングスパイダー」は、手のひらに乗る超小型サイズのクアッドコプター。これもスマートフォンやタブレットを使って直観的に操縦できる。離着陸やホバリングは自動、ボディ両サイドのホイールで床、壁、天井を転がることもでき、さらに本体下部のカメラでスナップショットを撮ることまで出来るとか。価格はAR.Droneよりずっと手頃な1万2,800円。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング