ホンダ、2015年北米国際自動車ショーでAcura新型『NSX』を世界初公開

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月18日 20時30分

ホンダ、2015年北米国際自動車ショーでAcura新型『NSX』を世界初公開



本田技研工業株式会社の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(社長:山田 琢二)は、現地時間2014年12月17日に、米国ミシガン州デトロイトで開催される2015年北米国際自動車ショー(プレスデー:2015年1月12日〜13日、一般公開日:1月17日〜25日)で、Acura新型「NSX」を世界初公開することを発表した。




「NSX」は、第2期F1参戦を機に「世界に通用するホンダの顔を持ちたい」との願いから開発。1989年に発表し、翌年1990年9月14日の販売開始から2005年12月末までの15年間フルモデルチェンジを行うことなく製造され、2006年まで販売。欧米で2006年から始まった燃費・排ガス環境規制への対応が難しい為、日本国内は同年12月末で生産終了となった。
2013年には、新型NSXの先行予約受注を英国で開始したが、今回の北米国際自動車ショーで約9年ぶりとなるお披露目となった。
新型NSXは、オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に設立予定の四輪車生産工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で2015年に量産を開始する為、現在ホンダR&Dアメリカズで開発を行っている。
2015年北米国際自動車ショーのホンダブースでは、新型燃料電池自動車のコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」を北米で初めて公開。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/

ホンダ、2015年北米国際自動車ショーでAcura新型『NSX』を世界初公開

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング