【レポート】次期型「プリウス」は、クロスオーバー「C-HR」コンセプトに似たデザインになる!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月22日 6時30分

【レポート】次期型「プリウス」は、クロスオーバー「C-HR」コンセプトに似たデザインになる!?



2015年末に発売が期待される新型トヨタ「プリウス」は、今秋に発表されたクロスオーバー「C-HR」コンセプトに近いデザインになると『Automotive News』が伝えている。
『Automotive News』の記事によると、4代目プリウスのデザインは完成間近のところで上層部に気に入られず、一旦白紙に戻されて「より刺激的なイメージに」という上層部からの指示どおりにデザインし直され、今年の春にようやく承認されたという。その次期型プリウスは、今年10月のパリ・モーターショーに出展されたクロスオーバーの「C-HR」コンセプトに幾分似た外観になるそうだ。現行プリウスの保守的なデザインに物足りなさを感じているハイブリッド車ファンには、吉報だろう。

「C-HR」コンセプトがそのまま、次期型プリウスを示唆するというわけではない。だが、厚みのあるホイールアーチや尖ったフロントグリルなど、ダイヤモンドをモチーフにしたというデザインが、次期プリウスに受け継がれるのではないかと予想される。製造開始を当初の来春から来年末まで延期した、世界で最も有名なハイブリッドカーの次期型モデルは、これまでのプリウスのイメージを大きく変えそうだ。さらに、現行モデルではスタンダードなハッチバックとプラグインハイブリッドが同じようなデザインであるのに対して、次期モデルでは大幅にデザインが異なるということにも注目だ。

日産「ジューク」と比較されがちなC-HRコンセプトだが、なかなか優れたデザインだと我々は思う。それと同じタッチが新型ハイブリッドカーに見られるのなら楽しみだ。


By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング