スズキ、新型「アルト」〜軽セダンの新たな挑戦〜

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月22日 11時50分

スズキ、新型「アルト」〜軽セダンの新たな挑戦〜



スズキ株式会社は「うれしい」「楽しい」「新しい」を届ける新型「アルト」の発売を12月22日に発表。
1979年に発売された初代アルト。以来7代目モデルに至るまで、機能優先のシンプルなスタイル、低価格で実用車という目的を持ったベーシックな軽自動車という思考に基づき開発されてきた。新技術投入、低燃費化、軽量化、その時代に相応しい小さなクルマデザインで、スズキの代表とも言える軽自動車となり、国内累計約483万台を販売。



今回の新型で8代目となる新型アルトは、新開発のプラットフォームをはじめ、JC08モード走行燃費37.0km/Lを達成するなど、これまで引き継いできたアルトの思考を受け継いだ。
グレードは、乗用車(F/L/S/X)と商用車(VP)の5グレード。
旧型アルトを思わせるデザインとなった新型アルトは、シンプルさを重視したエクステリアだが、メガネをモチーフとしたヘッドランプ周りのデザインを採用し、目力を感じさせる個性的なフロントマスクに仕上がった。ハイライトや陰影にこだわったドアバック、キズが目立ちにくい材料着色のフロントおよびリヤバンパーを採用。
全高を低くし、ホイールベースを60mm伸ばし、クラストップとなる室内長2,040mmの実現により居住性も高い。
狭い駐車場での乗り降りをスムーズにするために、スズキ軽自動車ではじめてフロントドアに中間2段ストッパーを採用。さらに、クラストップの最小回転半径4.2mを実現。



ボディーカラーは、新色「ピュアレッド」「シフォンアイボリーメタリック」をはじめ、Xにはグレーの2トーンバックドアを設定。全12バリエーションを用意。





インテリアはライトブルーを基調とし、白いパイピングをあしらったシート表皮。ヘッドランプと共通モチーフのデザインを採用したメーター。
女性ユーザーの要望が多かった「500mlの紙カップ」が置けるドリンクホルダー(5MT車を除く)を採用し、収納量を拡大したラゲッジアンダーボックス(VPを除く)など利便性を追求。
スイフトでも採用している「可変ギヤレシオステアリング」の採用により、直進付近ではクイックなギア比として、高速道路走行時は進路の修正をしやすく、市街地走行ではキビキビとした走りを可能にした。






新型アルトは、軽さと高剛性を両立したプラットフォームを新設計。
曲げ剛性・ねじり剛性が約30%向上したアンダーボディーは、主要な構造や部品の配置を全面刷新し、剛性や静粛性、衝突機能、走行性能などを大幅に向上させた上で、軽量化を達成。滑らかな形状にすることで補強部品を減らし、更に板厚を薄くするとともに骨格部を連続化することで、より少ない部品でボディー剛性を確保。
サスペンションフレームをフラットな構造とし、軽量化、高剛性を両立。
取付構造を変更し車体骨格の一部とすることで高剛性に貢献。フロント、リヤの「サスペンションストローク」を拡大し乗り心地を向上。フロント、リヤサスペンションに「スタビライザー」を採用(X 2WD車)。リヤサスペンションは新設計し、「トーションビーム式サスペンション」を新たに採用。リヤベアリングとハブの一体構造のハブユニットを採用し、転がり抵抗を低減。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング