ブラウンの内装でオ・ト・ナなドライブ、S660特別仕様車

オート・クリティーク / 2017年5月20日 10時32分

S660(エスロクロクマル)ブルーノ レザー エディション






■シフトチェンジが楽しくなるドライブ判定アプリ

ホンダのS660(エスロクロクマル)と言えば、軽2シーターオープンの代表格だ。1991年発売のビートからのファンも多いだろう。


ビート(1991年)


そのS660のαグレードに特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を新たに設定し、2017年6月2日(金)から11月30日(木)までで、期間限定販売される。

また、S660専用のiPhone向けアプリ「Rev Beat S660(レブビートエスロクロクマル)」が、6月2日(金)よりダウンロード可能となる。これは、S660の走行データから、シフトチェンジのタイミングを判定し、ドライバーにフィードバックしたり、走行を重ねることでアイテムが増えるゲーム性も取り入れたもの。こちらは、iPhone6/6 Plus/6s/6s Plus/7/7 Plus/SE 以降(iOS9.3以降)に対応なので、古いiPhoneを使っている人は注意が必要だ。



6MT車なら、シフトチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイに「Excellent」「Good」「Bad」表示と音声でフィードバックされる。CVT車はシフトポジション情報が表示される。自分の走行履歴をiPhoneで保存・確認でき、Twitterへの投稿もできる。当然だが、投稿の際には、必ず安全な場所で停止してからにしよう。何回も走行することで、専用楽曲などのアイテムが増えるというゲーム性も、楽しい要素だ。これまで一人きりで練習しても、張り合いがなかった、という人には、より上位の点数めざしてドラテクが上達しそうだ。なお、このアプリは、特別仕様車に限らずセンターディスプレイを装着している全てのS660で使用可能というから、既存オーナーにも早速ダウンロードしてほしいものである。




さて、ブルーノ レザー エディションに関しては、ベルベットマルーン・メタリック(特別色)、プレミアムスターホワイト・パール(+32,400円)、アドミラルグレー・メタリックと3色のボディーカラーで展開される。インテリアはジャズブラウンの1色のみ。6MTとCVT+パドルシフトの2つのミッションを揃え、どちらも2,280,000円となっている。

http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/type/gasoline/#type_bruno

オトナ仕様のS660で、オトナなドライブを身につけたい。




■注目記事

Auto critiQue

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング