バンデンハークが2発被弾…2回3失点で降板

ベースボールキング / 2017年3月21日 11時51分

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダとプエルトリコの一戦は初回から打ち合いとなり、オランダの先発バンデンハークは2回3失点で降板となった。

 今大会3度目の先発となったバンデンハークは2点のリードを得て迎えた1回裏、一死二塁からプエルトリコの3番・コレアに2ランを許し、試合を振り出しに戻された。

 さらに続く2回には、併殺で二死としながら8番のリベラに高く入ったストレートを左翼席まで運ばれて被弾。プエルトリコに勝ち越しを許してしまった。

 バンデンハークは2回を投げて32球、被安打5、被本塁打2、失点3という内容。オランダは3回から2番手のジャージェンスがマウンドに上がっている。

ベースボールキング

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング