準決勝で3度のビデオ判定…ジャッジが覆る場面も

ベースボールキング / 2017年3月21日 15時5分

5回表、2死一二塁から一塁走者のJ・スクープがホームを狙ったが判定はアウト

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダとプエルトリコの一戦は、延長タイブレークの末にプエルトリコが4-3でサヨナラ勝ちを収め、決勝進出を決めた。

 この一戦では、今大会の準決勝から(本塁打以外でも)導入されるビデオ判定の場面が3度あり、その1つで判定が覆った。

 最初のビデオ判定は4回表、2死一塁から9番のサムズが一二塁間の深い位置に内野安打を放つと、プエルトリコの二塁手・バエスが一塁走者スミスのオーバーランを見逃さず二塁に送球。タイミングはアウトのようにも見えたがセーフとなり、プエルトリコ側がビデオ判定を要求したものの、判定は覆らなかった。

 判定が覆ったのは4回裏、1死一二塁の場面でプエルトリコの二塁走者バエスが単独スチールを試みるも判定はアウト。しかしバエスがベンチにセーフをアピールし、この日2度目のビデオ判定が行われる。すると検証の結果、ヘッドスライディングを試みたバエスの手が先にベースに入っていたとの判定でセーフになったが、この好機を得点に結びつけることはできなかった。

 得点に直結する場面となったのは5回表、1点ビハインドのオランダは2死一二塁からサラガの二塁打で同点に追いつくと、一塁走者のJ・スクープも一気にホームを狙ったが判定はアウト。オランダ側が初めてビデオ判定を要求したが、判定は覆らず同点止まりだった。

ベースボールキング

トピックスRSS

ランキング