石井一久氏、セのCSファーストステージを展望「流れを掴むとしたら…」

ベースボールキング / 2017年10月13日 10時0分

ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める石井一久氏

 クライマックスシリーズのファーストステージはセパ共に14日(土)から行われ、先に2勝した球団がレギュラーシーズンの覇者が待つファイナルステージに進出できる。

 6日に行われた『三井のリパークpresents ニッポン放送ショウアップナイタースペシャルトークショー』に出演した石井一久氏が、甲子園で行われる2位・阪神と3位・DeNAのCSファーストステージを展望した。

 石井氏は「ディフェンス力はタイガースの方が強く、打線は水物という感じになったのですが、最後の勢いは(シーズン終盤の直接対決5試合を3勝1分け1敗で終えた)DeNAの方が上回っていた」と話し、「タイガースとしては、ああいう(攻撃的な)戦いをされると怖いんじゃないかな」と続けた。

 その中でも、石井氏は「DeNAのクリーンナップが凄い」と評価。実際、打点王と最多安打に輝いた3番・ロペス(打率.301、30本塁打、105打点)、侍ジャパンの主砲でもある4番・筒香嘉智(打率.284、28本塁打、94打点)、首位打者のタイトルを手にした5番・宮崎敏郎(打率.323、15本塁打、62打点)と繋がっていくクリーンナップはリーグ屈指と言えるだろう。

 最後に、CSファーストステージの勝ち上がりを問われた石井氏は、「3戦しかないですから、流れを掴むとしたらDeNAが勝ってもいいかなと思いますね」と述べ、レギュラーシーズンを3位で終えたDeNAの勝ち上がりを予想した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ベースボールキング

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング