『TEAM 1998』権藤監督「あの世に行かないうちにもう1回やりたい」

ベースボールキング / 2017年11月23日 20時44分

試合後、報道陣の取材に応じる権藤監督(左)と中畑監督(右)

 横浜スタジアムの改修を記念した特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」が11月23日(祝・木)に行われ、横浜大洋ホエールズ時代に活躍した往年の名選手を中心とする『TEAM YOKOHAMA』と、1998年にセ・リーグ優勝&日本一を達成した横浜ベイスターズの選手を中心とした『TEAM 1998』が対戦。試合終盤まで『TEAM YOKOHAMA』がリードする展開も、最終回に2点を加えた『TEAM 1998』が逆転勝利を収めた。

 試合後、勝利を収めた『TEAM 1998』の権藤博監督は、ベンチに座るメンバーを見て「なつかしい。凄いメンバーと一緒に戦ったんだなと」と感慨深く語り、「親善試合と思って楽にやっていたが、2点とられたときに負けられんとなった」とコメント。初回の2失点が「98年優勝の意地」を見せるという思いにつながったことを明かした。

 さらに、「最初は普通に話していたが、段々と熱くなって本音が出てきて、谷繁(元信)が勝手に三浦(大輔)にバントしろと言って、それでバントになった。それくらい和気あいあいとしていた」と続け、5回表の決勝点につながった三浦のバントは、自身の采配ではなかったことを告白。今回のようなレジェンドマッチを今後も続けていきたいかとの問いには「同じユニフォームを着て同じベンチにいるというのは、本当に楽しかった」と答え、「あの世に行かないうちにもう1回やりたい(笑)」と歓迎した。

 これには『TEAM YOKOHAMA』の中畑清監督も、「こういう機運、盛り上がるタイミングがあると思う。毎年になるかどうかわからないけど、必ずまた盛り上がるときがくると思うので、そのタイミングでまたやれたらいい」と同調した。

ベースボールキング

トピックスRSS

ランキング