日本人にとってのウインターリーグ~再チャレンジの場として~

ベースボールキング / 2018年1月13日 11時18分

◆ それぞれのウィンターリーグ

 ポストシーズンの活躍もあり、その名を知らしめた横浜DeNAの乙坂智が、メキシコのウインターリーグ(WL)『メキシカンパシフィックリーグ』で武者修行を敢行。ヤキス・デ・オブレゴンの主力打者として活躍し、4割を超える打率を残した。

 昨年は、あの松坂大輔もプエルトリコリーグに参戦するなど、近年では日本の野球ファンの間でもすっかりお馴染みになった中南米のウインターリーグ。そこで今回は、中南米のウインターリーグでプレーした日本人選手を振り返っていきたい。


◆ WLに参戦した最初の日本人!?

 中南米でプレーした最初の日本人は、おそらく1973年から83年まで巨人や広島でプレーした小川邦和になる。広島退団後、メキシカンリーグでプレーした彼は、そのオフシーズンもメキシカンパシフィックリーグでプレーした。奇しくも彼が所属したのは、乙坂と同じオブレゴンだった。
 
 しかし、彼に続く日本人はしばらく出てこない。その次となると、日本のプロ野球(NPB)を経由せずにメジャーリーガーになったマック鈴木が1997-98年シーズンにプエルトリコリーグのロボス・デ・アレシボというチームでプレーした。

 高校を中退してアメリカに渡った彼は、このときプロ6年目。前年にメジャーデビューを飾ったものの、この夏のシーズンはメジャーのマウンドに立つことができず、ステップアップのためにウインターリーグに参戦した。

 殿堂選手のロベルト・アロマーなど一線級のメジャーリーガーも参加していたこのリーグは当時、高いレベルを誇っており、その効果もあって、翌1998年に鈴木はメジャー復帰を果たし、スターダムにのし上がった。

 その後、オリックスでNPBデビューを果たすが、2シーズンで解雇。以後はラテン球界に身を投じ、夏はメキシカンリーグでプレーする一方、2006-07年シーズンにメキシコとベネズエラのウインターリーグでプレーしたのを皮切りに、両国で5シーズンにわたってプレーした。


◆ 水野の挑戦

 鈴木がプエルトリコでプレーした同じ時期にドミニカリーグでプレーしたのが水野雄仁だ。池田高校時代「阿波の金太郎」の異名で甲子園を沸かせた水野は、1996年限りで13年に及ぶ巨人でのキャリアを終えたが、1997年オフにメジャーリーグでの現役復帰を目指し、スプリングトレーニングへの招待状を勝ち取るべく、ウインターリーグに参戦した。

ベースボールキング

トピックスRSS

ランキング