DeNA、外野争う3選手が本塁打 2戦連続先発落ちの桑原は代打で二塁打

ベースボールキング / 2018年3月14日 19時57分

DeNAの乙坂智

◆ ソトは右翼でスタメン、外野争い加熱!

 DeNAは14日、楽天とのオープン戦(静岡)に6-4で勝利。乙坂智外野手、ソト内野手、楠本泰史外野手の3選手が、それぞれオープン戦第2号となるソロ弾を放った。

 DeNAは初回、5番宮崎の2点適時二塁打で先制。3回は3番乙坂の右越えソロ、4回は7番ソトの右越えソロ、6回は9番倉本の右犠飛、7回は途中出場・楠本の右越えソロで、1点ずつを加点した。9回には、2戦連続でスタメン落ちしていた桑原が、代打で二塁打をマーク。この一打で、DeNAは4戦連続の2ケタ安打とした。

 昨シーズン全試合出場を果たし、オフには背番号を『1』へ変更した桑原だが、オープン戦はここまで打率1割台と苦しんでいる。キャンプ中の実戦から不動の1番として起用されてきたが、ここ2戦はスタメンを外れ、代わってドラフト2位の神里が2戦連続でスタメン1番に入った。

 その神里は打撃に加え、走塁と守備面でも持ち味をアピール。内野手のソトは3戦連続でスタメン右翼に入り、オープン戦打率.316、2本塁打と打撃好調だ。さらに、この日は乙坂と楠本もアピール弾を放ち、楠本のオープン戦打率は.538に。同打率.476の佐野も外野を守れ、こちらは代打の切り札としても期待されている。

 新加入選手のアピール合戦を筆頭に、ここへ来て外野のレギュラー争いが熱を帯びるDeNA。ラミレス監督は過去、早い段階で開幕スタメンを発表してきたが、今年はギリギリまで頭を悩ませそうだ。

ベースボールキング

トピックスRSS

ランキング