野球は女の子におすすめのスポーツ!?小学生年代の男女体格、体力差

ベースボールキング / 2019年4月2日 18時28分

野球は男子だけではなく女子にも人気のスポーツです。小学生年代から野球を始める女子選手も多く、野球というスポーツの特性を活かして長く活躍する選手も少なくありません。体格差が競技力に大きく影響するコンタクトスポーツ(ラグビー、サッカー、柔道など)では、男子と女子選手が一緒にプレーするということはありませんが、野球は体をぶつけ合うことの少ないノンコンタクトスポーツということも、性別を問わず女子選手が活躍できる一因であると言えるでしょう。

厚生労働省が発表している小学生年代の身長・体重を示した統計を見てみると、小学生年代である7歳〜12歳の体格差はほとんどなく、一部の年齢では女子の方が身長や体重を上回っていることが示されています。



この年代では体が成長段階にあるため、筋力的な差というよりも体格差が野球のプレーに大きく影響しますが、男子と女子で体格差の比較的少ない年代である小学生時代は、性別を問わず女子選手であっても十分に活躍できる体力的な要因が挙げられます。また女子の方が一般的に柔軟性が高いためしなやかな動作を実現しやすく、より良いパフォーマンスが発揮されるということも考えられます。

これが中学生以降になってくると体格差とともに筋肉の発達などに男女差が見られるため、同じ土俵でプレーをすると力負けを起こしてしまったり、スピード感が違ってきてしまったりすることになります。あまりにも筋力差がハッキリしてしまうと、ケガをしやすくなってしまうため、高校などでは男子と女子でチームを別にしてプレーするようになります。ここ最近では小学生から野球を始めた女子選手が中学・高校と進学しても野球を続けることが多くなり、女子野球は花形のスポーツになりつつあります。小学生時代から何かスポーツを始めたい!という女の子は野球を一つの選択肢としてぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(西村典子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング