里崎氏、巨人打線は「みんな自分の打撃ができていた」

ベースボールキング / 2019年4月2日 23時18分

5回、本塁打を放ち、ポーズをとるナインに迎えられる巨人・丸=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

○ 巨人 9 - 3 阪神 ●
<1回戦・東京ドーム>

 巨人と阪神、今季最初の“伝統の一戦”は、12安打9得点を挙げた巨人が9-3で勝利した。

 巨人は初回、丸佳浩の適時打などで2点を先制すると、3回には岡本和真の2点適時打、ゲレーロの3点で5点を追加。5回には丸が移籍後第1号となるソロ、6回にも丸が犠飛を放ち試合を決めた。投げては先発・山口俊が7回3失点で今季初勝利を挙げた。

 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏は「今日はいい形で、みんな自分のバッティングができました。そうなってくると怖いですよね。また、ゲレーロが下位打線にハマってくると怖いですね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング