江本氏、DeNA・東を6回途中で降板させたことに…

ベースボールキング / 2019年5月22日 21時26分

DeNAの東克樹

● 巨人 1 - 5 DeNA ○
<9回戦・東京ドーム>

 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、DeNA・東克樹を6回途中で交代させたことに納得がいかなかった。

 DeNAの先発・東は2回にゲレーロに一発を浴びたが、5回まで1失点に抑えた。3-1の6回は先頭の坂本勇人を遊ゴロに仕留めたが、続く丸佳浩に四球を与えると、岡本和真にセンター前ヒットを打たれ、ここでラミレス監督がピッチャーの交代を告げ、東は降板となった。

 この交代に江本氏は「う〜ん、もったいないですね。これをやると、ピッチャーは育たないんですよ」と不満げだった。

▼ 東の降板後コメント
「初回を無失点で抑えることができ乗っていけました。ゲレーロ選手に本塁打を打たれはしましたが、次の1点を与えないよう切り替え、低めにボールを集め粘ることができました。しかし6回途中、ピンチの場面で降板となったことは反省点です。後続を抑えて頂いた三嶋さんには感謝です」

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング