江本氏、巨人・岡本は「迷いが打席に出ています」

ベースボールキング / 2019年5月23日 8時0分

巨人・岡本和真(C)KYODO NEWS IMAGES

 巨人の岡本和真が6回に安打を放ったが、3三振を喫した。

 岡本は2回の第1打席、DeNAの先発・東のスライダーに空振り三振に倒れると、4回の第2打席は見逃し三振。この見逃し三振に22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「バッティングがかなり狂っていると思います。今のなんかでも甘い球ですよね」と指摘。

 6回の第3打席にセンター前ヒットを放つと、この安打に江本氏は「これでいいんですよ」と話したが、「4番バッターだったら、今のでもホームランボールですよ」と厳しかった。

 9回の第4打席は、山崎康晃が投じた外角のストレートに見逃し三振。江本氏は「バットが出なくなってきていますね。迷いが打席に出ていますよね。ずっとこの状態が続いていますから、どこかで抜けないとね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング