井端氏が気になった巨人二塁・若林の3回のポジショニング

ベースボールキング / 2019年6月13日 9時0分

ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏

● 西武 4 - 9 巨人 ○
<2回戦・メットライフ>

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人のセカンド・若林晃弘のポジショニングについて言及した。

 井端氏が若林の守備で気になったのが、「セカンドのポジションが(左打者の)秋山選手、源田選手、(右打者の)外崎選手のときでも同じポジションにいるのが気になりますね」と3回二死一、二塁から外崎修汰を打席に迎えた場面。

 井端氏は「あまりセカンドを守る経験がないのか、ずっと同じポジションにいますね。源田選手のときに田口投手がスライダーを投げたら引っ掛け気味に一、二塁間にいくというのがわかるので多少、一、二塁間寄りにいくというのはあるんですけど、どちらかというと二遊間側にいました」と指摘した。

 「その辺はキャッチャーのサインを見ていないのか、それともまだセカンドの経験が浅いのかなというところだと思います」と分析していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング