鹿島氏、復帰後の中日・高橋は「ファウルが多い」

ベースボールキング / 2019年8月23日 9時0分

中日・高橋

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた鹿島忠氏が、中日の高橋周平について言及した。

 高橋は打率リーグトップを走っていたが、「右小指橈側側副靭帯断裂」で7月17日に一軍を登録抹消。8月16日に一軍復帰し、同日のヤクルト戦から一軍の試合に出場しているが、復帰後は打率.176(17-3)だ。

 鹿島氏は高橋について「復帰してから、らしさが見えてこないですよね」と話す。「怪我する前は一振りで決める確率が高かったんですよね。今は決めきれずに、ファウルが多いんですよ。おそらく自分が狙ったボールが来たと思って、打ちにいってもヒットゾーンに飛ばずにファウルゾーンにしか飛んでいかないんですよね」と分析していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング