梅雨に負けない!頭の回転を助けてくれる、黄色の食事でセルフカラーセラピー

Daily Beauty Navi / 2014年6月8日 10時30分

写真

こんにちは。センセーションカラーセラピストの嶋田です。
いよいよ梅雨入りしましたね。雨が続くと外に出るのも億劫で、毎朝の通勤の不快指数もあがりがち。会社につく頃にはなんだか疲れちゃっている、なんてこと、ありませんか?

「黄色い食材」で左脳の働きをUP!

そこでおすすめしたいのが「黄色い朝食」。何となく体もすっきりしないこんな時期には体に優しい食事をとりたいものです。黄色い食材は胃や消化器系の働きを助けてくれる食材が多いのが特徴です。

黄色は左脳にアプローチし、言語、知識習得や分析をする時にはもってこいの色です。「朝から会議ー!」なんていう日の朝食にもとてもおすすめです。黄色食材の代表といえば「卵」。バナナやパイナップルといったフルーツも摂りやすい食材でしょう。

心配ごとがあって胃が痛い...なんていうことはありませんか。そんな不安な感情からくる胃痛や、失敗続きで自信をなくしているような夜にも黄色い食材を。さつまいもやとうもろこしを使った優しいスープや温かいサラダで食べるといいでしょう。自尊心を高め、自信を回復するのにも力を貸してくれます。

しかし、あまり黄色ばかりを取り込むと、考えてばかりで思考が疲れてしまいますから、摂り過ぎには注意が必要です。

サプリや栄養補助食品に頼らず、彩りを意識した食事で、梅雨をのりきりましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング