ハリウッドセレブに人気のグルテンフリー!キヌアのラザニア

Daily Beauty Navi / 2014年6月17日 9時0分

写真

夜起きていると、どうしてもお腹が空いて口寂しくなる時がありますよね。食べたいけど太りたくない、そんな方にオススメしたいのが"キヌア"を使ったラザニア! パスタの代わりにキヌアを、またホワイトソースのかわりに豆腐を使うので、とっても低カロリーなんですよ☆ おいしさもさることながら、もう一つ注目したいのがグルテンフリーという点。ベジタリアンやマクロビオテックなどの食事療法と同様に、アメリカで今話題のグルテンフリー。グルテンを抜く食事療法で、アレルギー対策や体の調子を良くする効果があると言われています。モデルのミランダ・カーが、息子の誕生日にグルテンフリーのケーキでお祝いしたことで話題になりましたよね。

カロリーやアレルギーを気にされる方はもちろん、つぶつぶの食感がやみつきになるおいしさなので、ぜひ味わっていただきたい一品です!

★調理時間 60分

2~3人分

キヌア...1カップ 【ボロネーゼソース】 牛ひき肉(または合挽き)...200~250g [a] 玉ねぎ(みじん切り)...1/4個   にんじん(みじん切り)...1/2本   セロリ...(みじん切り)...1/3本 トマト缶...1/2缶(またはトマト2~3個) 塩...小さじ1 こしょう...適量 ローリエ...1枚 オレガノ...適量 オリーブオイル...大さじ1 【豆腐ソース】 豆腐...1/2丁 塩...適量 ナツメグ...少々 オリーブオイル...大さじ1~2 パルメザンチーズ...適量 ★作り方 ボロネーゼソースを作る。鍋にオリーブオイルを入れて温め、[a]を炒める。野菜の香りがしてきたらひき肉を入れ、さらに炒める。肉の色がかわったらホールトマト、残りの材料を入れ、弱火で20~30分煮込む。 キヌアを茹でる。 豆腐ソースを作る。(豆腐が柔らかい場合は重しをして水切りする)すべての材料をミキサーでなめらかにする。 グラタン皿に、豆腐ソース、キヌア、ボロネーゼソースの順に重ね、おろしたパルメザンチーズをたっぷりかけ、200℃のオーブンで10分焼く。焼き色がついたらできあがり。

ボロネーゼソースは、ソーセージを2本ほどみじん切りして入れるとより本格的な味に! ソースは多めに作っておいて、小分けに冷凍しておくといざという時に便利です。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング