ダイエットにも美白にも!!「塩レモン」の美容効果をおさらい

Daily Beauty Navi / 2014年6月23日 8時0分

写真

「ビタミンC」や「クエン酸」など、様ざまな栄養素が含まれているレモン。でも、レモンを日常的に摂ることってなかなか難しいですよね。そこでオススメなのが話題沸騰中の「塩レモン」。 ちなみに「塩レモン」は南アフリカのモロッコに古くから伝わる調味料でレモンを塩に漬けて発酵させるだけというもの。

「レモンを皮ごと塩漬けにする」というシンプルな作り方と、様ざまな料理にアレンジできるということが魅力ですが、注目したいのはその美容効果。

「塩レモン」の美容効果とは? ビタミンCを摂取することで、メラニン色素の生成を抑えるほか、ニキビの炎症を鎮静。 ビタミンCの働きにより、血液の流れが良くなり、脂肪を燃焼。 乳酸菌が腸内環境を整えて、便秘解消に。 塩味とレモンの酸味によって唾液の分泌量が増え、消化を促進。 塩味が強く感じられるため、塩分の摂取を減らすことができ、むくみを解消。 香り成分リモネンで食べすぎを予防。 美容に役立つ「塩レモン」活用術

野菜に
生野菜と相性抜群です。液状になった塩レモンとオリーブオイルを合わせたものを、ドレッシングやマリネに使ってみて!

肉や魚に
蒸し料理や煮込み料理、さらにお肉のグリルや魚のホイル焼きに添えてもOK。発酵してほどよい酸味になったレモンがさっぱりとした味わいに仕上げます。

麺やパスタに
炭水化物などの糖質代謝に優れているので、麺類のソースにピッタリ。これからの季節は、冷製パスタやサラダ麺などにも!

フレーバーウォーターに
ミネラルウォーターに「塩レモン」とハチミツを入れれば、フレーバーウォーターに。塩分が取れるので熱中症対策にも効果が! ホットにしたり、炭酸水で飲むのもオススメです。

お酒に
焼酎と炭酸で割ってサワーにしたり、ビールに入れればメキシコのビアカクテル「ミチェラーダ」風の味が楽しめちゃいます♪

いつものメニューに「塩レモン」をプラスして、おいしくキレイになりましょう♪

「塩レモン」の簡単な作り方はこちらでチェックしてくださいね!
>>料理に新しいアクセントはいかが? 香りの調味料「塩レモン」の作り方

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング