セミオーダーメイドのワンピースが2万円から作れちゃう!洋服ブランド「écume」

Daily Beauty Navi / 2014年6月30日 9時0分

写真

オーダーメイドのお洋服。 そう聞くと、なんだか高級そうで、敷居の高いイメージがありました。 そのイメージを、ガラッと変えてくれたのが、「écume」の彦坂玲子さん。 ワンピースなら2万円~というお手軽な価格で、オーダーメイドの洋服を作ることができるんです! ※価格は生地や形によって異なります。

フランスで7年間、クチュリエの仕事をしてきた彦坂さんの作る服は、一般の方へ向けたものから、舞台や映画の衣裳まで、実に多彩。 (クチュリエ=フランス語で「裁縫する人」の意味。)

2011年から、作品を試着/注文できる『écume exhibition』という展覧会を年2回ほど開催。
écumeのお洋服たちは、着心地が良くって動きやすいものばかり。
ラフなアイテムでも、品があってキレイな印象。とっても合わせやすいのもポイントです。

オーダーメイド/セミオーダー/レディメイドと、様ざまな形で、相談しながら作ってもらえます。

「こんなお洋服が欲しい!」
「この生地で、なにか作ってほしいのだけど...」
「展示会のお洋服を、別の生地で作って欲しい」

このような、色んな希望にいつも応えてくれます。
展示会場には、お洋服のほか、生地も一緒に展示されていることも。
その場で「この形で/この生地で」と注文ができるのも嬉しい!

7月11日(金)~13日(日)には、夏物ワンピース展のécume exhibition007『サマタイム サマードレス』を開催。夏を彩るカラフルなワンピースの即売会。一点物のワンピースが30着ほど並ぶ予定。
9月19日(金)~21日(日)には、écume exhibition008『葡萄月』も開催予定。会場は、どちらも表参道のガレリアM、時間は11:00~20:00。 夏服とまた少し雰囲気の違う秋の服。こちらもぜひ、お楽しみに。

トップ写真:écumecume exhibition 006 『水の中からながめる』より
展示風景写真:2013年6月/三人展『日日の舎 6月の窓』より
以降の写真:最新の『サマタイム サマードレス』より

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング