夏の紫外線ダメージをリセット!頭皮&髪を守る、究極のブラッシング術

Daily Beauty Navi / 2014年8月28日 9時0分

写真

紫外線や皮脂などでダメージを受けがちな夏の肌。実は同じように頭皮もダメージを受けているんです。そこで今回はブラッシングで、夏に受けたダメージに負けない健康な頭皮と美しい髪を作る方法をご紹介します。

頭皮と髪が健康になるブラッシングの嬉しい効果 髪につやが出てまとまりやすくなる
頭皮の血行が良くなり新陳代謝が高まる
髪のほつれや頭皮のフケ・ほこりを取り除く

とくに夏の頭皮は汗でムレムレの状態。皮脂で毛穴がふさがり、地肌が汚れるとフケやニオイなどトラブルの原因に...。だからこそ、この時季は正しいブラッシングで頭皮と髪をケアすることが大切なんです!

ブラッシングの正しいやり方 ブラシの背面に人差し指をのせ、親指は縁に沿えてブラシを持つ。(パソコンのマウスを持つイメージで)

髪のもつれを取るようにして、髪の毛をとかしていく。
【POINT】髪が長い人は、からみやすい毛先→中間→根元の順に
ブラシを頭皮に垂直に当てると、肌あたりが強すぎることも。ブラシを少し回転させるようにしながら髪をとかす。

※ ブラッシングは必ず髪が乾いた状態で行いましょう。
※ 傷みがひどい場合や、カラー・パーマをする前はお休みしましょう。

いかがでしたか? ブラッシングのタイミングは、シャンプー前がオススメ。頭皮と髪の汚れとともに、一日の疲れも落としちゃいましょ♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング